弁護士事務所 大阪について

従業員との間のトラブルにどう対応するか

ここ最近、中小企業を中心に、従業員との間のトラブルに悩まされる事業所が大変増えております。
従業員との間に起こるトラブルで多いのは時間外労働分の賃金不払いの問題です。
確かにタイムカード上は所定労働時間を越えて勤務したことになっているが、実際は何も仕事せずにブラブラしているようなケースです。
しかし、時間外手当を支払わない場合には、労働者は決まって労働基準監督署へ駆け込み、時間外手当不払いの申告をするのです。
その他にも上司のちょっとした言葉に突っ込んで、ハラスメントだと大騒ぎしてみたり、解雇とは言っていないにもかかわらず解雇通告を受けたとしきりに主張するようなケースがあります。
揉め事を起こす従業員の中には故意に揉め事を起こすものもいて、和解金をもらっては別の事業所へ転職し、また揉め事を起こすのです。
そのような悪質な従業員との揉め事を解決するには、弁護士事務所へ出向き、弁護士のサポートを受けるのがベターです。
大阪市内にもたくさんの弁護士事務所があるため、探すことは難しくないでしょう。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 弁護士事務所 大阪 All Rights Reserved.